時計記

[悲報]GoogleAdsense不合格でした

GoogleAdsenseの広告申請に既に合格された方、おめでとうございます!

ちゃんあか
申請してなかったっけ?

わたしは見事に落ちました!笑

申請からちょうど2週間が経ったタイムングでGoogleさんからメールがあり、

開けてみると、『GoogleAdsense不合格の通知』でした泣

 

メールの内容から落ちてしまった原因や解決策がわかったので、

今回は同じような理由で審査に通らなかったの方の参考にしてもらえるような記事になっています。

 

ちなみにわたしのブログのスペック?は申請時の記事数2つ(今思うとナメきっている。)、平均記事内文字数(1000文字)で、通知が来た時は記事数23つ、平均記事内文字数(1000文字)でした。

 

申請から合否連絡までかかった日数

まず、合否の審査結果がわかるまで、ちょうど2週間かかりました

大体の人なら3日以内には連絡が来るとのことだったので、

2週間連絡がなく、自分のブログはちゃんと動いてないんじゃないかとか、勝手にものすごく不安になっていましたが、

ちゃんと、Googleさんに見てもらえていることがわかったので、そこは安心しました笑

ただ、不合格の通知を受けた方のブログをみると、ほとんどの方が審査をお願いしてから即日で連絡があったようなので、やはりコロナの影響で遅れていたということだったのでしょう。

 

広告申請に落ちた理由

不合格だった原因としては

『価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない』

とのことでした。

どういうことか分からなくて調べまくったんですが、

  • 記事がひとつもないカテゴリーが存在する
  • 記事内の文字数が少ない
  • Googleの検索に引っかからない

ことが理由なようです。

メモ

あと、これらの原因の他に

お問い合わせページが存在しない

プライバシーポリシーが存在しない

サイトマップ が存在しない

ということも大きな原因になるそうです。

ただ、これらはあっという間に作ることができますので、

是非作った上で申請をしてみることをお勧めします!

解決策

記事がひとつもないカテゴリーが存在する

これに関しては、トップページのグローバルメニューやらメニューの欄からそのカテゴリーをごそっと消して、

カテゴリー一覧に飛んだのに何も記事がない!泣という事態から逃れることができれば解決です

めっちゃシンプル。笑

記事内の文字数が少ない

に関しては、わたしはこれまでひとつの記事に対して1000文字を書くことを決めてやってきました。

どうやら最低限でも1500文字は必要なようです。(中には1000文字で合格された方もいるようなので、質がいいものがかけていればいいのかも。。。)

あと、サイトマップ の文字数が少ない関係で相対的に平均文字数が減ってしまっているというのも原因だそうです。

なので、この問題の解決策としては、

これまでの記事の文字数を増やす(質も上げる)&サイトマップを記事みたいな感じにする(記事内でおすすめの記事を紹介する的な)

Googleの検索に引っかからない

Googleで自分のブログを検索すると、上位に検索されるでしょうか?

わたしはまったくでてきません泣

また、「site:+自分のブログのURL」でGoogleで検索したらどうでしょうか?

わたしは全記事の半分しかでてきません泣

これは広告の申請に通らない以前に誰からもブログの存在に気付いてもらえていないと言う悲しい状況になってしまいます

これを解決するためには、地道に、GoogleSeachConsole→URL検査(検索欄で自分の記事のURLを打ち込み検索)→インデックスをリクエストし続けるしかないみたいです。

これをしたおかげかはわかりませんが、今まではどうやっても検索に引っかからなかった当ブログが、

「時計はまわる 留学」で一番最初に掲載されていました(地味に嬉しい笑)

なので、このように継続的にGoogleSeachConsoleにてリクエストをするのが良さそうです。

まとめ

今回は、GoogleAdsenseに広告の申請をして見事に落ちたので、

申請から合否連絡までかかった日数、落ちた原因と、解決策についてお話をしました。

すでに受かっているみなさんは、本当におめでとうございます!

審査を落ちたor審査なう、の人は是非一緒に頑張りましょう

アドセンスの合否通知が来てから2週間は待ってから申請しないと、スパム扱いされてしまうと聞いていたので、

落ちたらいやだな〜と思っていましたが、

合否連絡の1時間後に来たメールによると、

サイトの準備ができたらいつでも審査をリクエストしていただけます

とのことだったので安心しました。さすがに通知を受けてから1時間では再申請する勇気はありませんが笑

 

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きりん

日本にて大学院生をしている者です。誰かの役に立つ情報を発信したいがもっとーです。フランスにて交換留学してました。

-時計記

© 2023 時計はまわる